ハプバーに行くからには、『絶対に参加しないといけない』『誰かと交わらないといけない』なんて事はありません。しかしそれはお店によって変わってくるのでハプバーに行きたい日でも『傍観しておきたい』気持ちなら行くお店は事前にちゃんと調べておくようにしましょう。

自分も最近その知識を持ったんですけど、ハプバーには参加型と見学型があるみたいです。その両方を兼ね備えたお店もあります。初心者はどちらに行くのがいいのでしょう。
初心者ですから、見学型をお勧めします。ハプバー自体は初心者だけれども、その手のプレイに関しては経験豊富で知識もあるというなら、参加型でもいいかもしれません。

参加型というのは、文字通り、お客さんとしてお店に行くけれども、お店の中でプレイに参加できるというものです。
Mの人は縄で縛られることもできますし、ろうそくを垂らしてもらうこともできます。ムチで叩かれることもできれば、女王様に罵倒されることもできます。
Sの人はMの人に対して、何かしらのプレイをすることができるんでしょうけど、下手な人がやると怪我に繋がる恐れもあるということで、Sの人が本気で参加できるようなお店は少ないかもしれません。
何れにしても体験型と言ってもいいでしょう。こういうプレイを実際に行うことで性的欲求が満たされるなら、初心者でも積極的に参加していきたいですね。

見学型というのは、プロ同士が行うこの種のプレイを見るお店のこと。プロ同士と言っても、その中の一部は客であることもありますけどね。何れにしても達者な人たちのプレイを見て楽しむ、これが見学型や鑑賞型と言われるようなお店。

すでにちょっと触れてますけど、多くは、両方を兼ね備えているのかもしれません。軽くであれば、未経験の客や興味本位でお店に来た人でも参加できるようなお店は少なくないようです。

自分が最初に行ったのは、プロがやるのを見て楽しむところでした。店内は狭いけど、派手な演出のようなものもあって、まさに隠れ家的なお店。
全然怪しくないじゃん、普通の人も遊びに行けるじゃん、ということで行くようになったんですけど、他のハプバーにも行ってみたいと思い探してみたところ、いろいろなパターンのお店があることを知ったんです。

ハード系のお店に初心者が興味本位のみで行くと、もしかしたらびっくりしてしまうこともあるかもしれません。なので、少し情報を集めてから行った方がいいかもしれませんね。そうすれば、本当に楽しめると思います。
友達同士、カップル、会社の同僚などと行っても楽しめるはず。もちろんお一人でも。
実際にフィギュアスケートをしない人でも、フィギュアスケートの試合は見たりするじゃないですか。それと同じですよ。そういう趣味を持たない人でも、ハプバーに行ってみたら楽しかったりするものです。自分もそういう類の人間でしたから。